美容皮膚科で赤ら顔のレーザー照射による治療

悩み抜いた赤ら顔との日々

赤ら顔
20代の頃から色白で敏感肌のタイプだった私は冬になると通勤途中に冷たい風が頬に当たり、たちまち毛細血管が浮いてきたようになり赤ら顔になっていました。

さらに温かいオフィスに到着すると今度は、温かい部屋なので急激に血管が拡張して、さらに頬の赤みが増してしまうのです。そんな当時の私のあだ名は”雪ん子”でした。

雪ん子という印象からするとそんなにひどいあだ名ではないと思うかもしれませんが、ほっぺが真っ赤になっている赤ら顔の状態に対して嘲笑の意味合いがあることは明らかでした。

しかし赤ら顔対処の方法はその時には知るすべもなくファンデーションの重ね塗りでごまかすしかなかったのです。


そんな悲惨な20代を過ごし30代になったころには、肌質も随分変わってきました。

以前のような敏感肌ではなくなり、どちらかというと随分強くなった感じがしました。

一時期テニスに没頭していた時があったので、それで日焼けを繰り返しているうちに皮膚自体も薄い肌質から割としっかりとした皮膚へと変化したのです。

このころには冬の真っ赤なほっぺの赤ら顔はすっかり姿を消していました。


しかし今度は徐々に脂性肌へと傾いて来て、かつてはほとんどできたことのなかったニキビがポツポツとでき始めたのです。

年代によって肌質が大きく変わることがあるというのは話に聞いたことがありましたが、まさかこんなに180度違う肌質へ変化するとは予想もしていませんでした。

こうして30代はほぼずっと、ニキビとの戦いとなりました。


するとここで問題が出てきました。頬や顎や鼻にできてしまったニキビ跡にメラニンが集まり、見事に赤ら顔が復活してしまったのです。

ニキビ跡の色素沈着による赤ら顔は、当然季節に全く関係ありませんでした。一年中顔に赤みが出ているのですから昔の赤ら顔のタイプよりもタチが悪いものでした。

この赤ら顔は肌荒れが伴っているので本当に女性としては非常にストレスでした。常に人に見られているようで、そしていつも人に笑われているようで自分でも常に赤ら顔のことばかり考えていたのです。

ちょうどその頃に美容皮膚科で赤ら顔のレーザー照射による治療を行っていることを知って、高額な費用を覚悟の上で通院を開始しました。

その結果、なんと4回のレーザー照射によって鼻の頭、頬、顎の赤みがほぼ綺麗に取れました。

あれほど悩み抜いた赤ら顔との日々でしたが、20代の時にもレーザー治療があれば、もっと明るいOL生活を過ごせたのではないかと考えたりしています。

北国出身の私は幼少の頃から赤ら顔

私は現在、40代の男性会社員です。

私は東京での4年間の学生生活を除くと、ずっと北国にある雪の多い地域で暮らしています。

夏場は日本一暑くなることも多い反面、冬はとても寒いので、年間を通じての気温差はかなりあります。

また、日本海側に面した県なので一年を通して風が強いことも特徴です。

そんな地域で育った私は、幼少の頃より赤ら顔で悩まされてきました。

小学校時代は野球部にはいって汗を流した私ですが、野球以外でもよく外で遊んでいました。

体は防寒具で身をまとっていたものの、顔は帽子をかぶっている頭以外は冷たい風をもろに受けていたために今思えば肌にとってかなり強い刺激を受けていたのかもしれません。

寒暖差が激しい地域で生活していると皮膚の毛細血管が多くなってしまうことや日焼けをあまりしないことから肌の色が薄く、血管が透けて見える状態になってしまうことが赤ら顔の原因のようです。

私はこうしたことから赤ら顔になってしまったのですが、写真を撮る際、両方の頬がなるべく写らないよういつも真正面から写真を撮るようにしています。

以前、東京で暮らしていたとき、ある人が私の頬を見て「雪国の出身?」と聞いてきました。

その人に悪気はなかったのでしょうが、なんとなく恥ずかしい思いがして赤面という赤ら顔も併発してしまいました。

30代になって、幼少の頃のような赤ら顔はおさまってきましたが頬の一部はまだ赤いので思い切って病院で治療ができないか相談へ行きました。

皮膚科医へ行くとレーザー治療ができるクリニックへ招待状を書いてもらえました。

後日、そこでレーザー治療を計4回受け、今ではすっかり頬の赤みが取れました。

保険が効かないこともあり、金額は計30万円ほどかかってしまいましたが、長年のコンプレックスが解消されたことを思えば高くはありません。


赤ら顔を治す方法


美容皮膚科で赤ら顔のレーザー照射による治療