どんどんと悪化するニキビたちを必死に化粧で隠すという悪循環

悩み抜いニキビとの日々


高校生のころからポツポツとニキビが出来始めていましたが、それほど気にしていなかった私。

学校が厳しく、お化粧ができない環境だったので、それが肌に良かったのかもしれません。

しかし大学生になり、お化粧するようになると、ニキビが激増!このころは化粧の仕方も、肌のお手入れの仕方も全く知らず、見よう見まねでしていました。

おそらく間違った化粧品や肌に合っていないものを使っていたのだと思います。そうとは知らず、適当に化粧を落とし、適当に保湿をしていました。

そしてどんどんと悪化するニキビたちを必死に化粧で隠すという悪循環。好きな男子がいても積極的になれず、顔を見られるのが嫌なため、いつもうつむき気味でした。

 あまりにニキビが酷いため、なにか改善法はないかと周りのお友達に聞いたり、インターネットで調べたりします。

数々の問題点に気づいた私は、化粧品をアクネケアのものに揃え、お化粧の仕方も見直しました。

これまで使ってきた厚塗りのファンデーションから、オイルフリーで軽く肌に優しいものに買い替え。

ニキビを全て隠したい気持ちを押さえつつ、化粧は薄めに、ニキビ肌をあまり気にしないように努めます。

一人暮らしで好き放題していた暴飲暴食も改めたおかげか、少しずつ改善の兆しが現れ、お友達にも「肌きれいになったね」と言ってもらえるようになりました。

気持ちも徐々に明るくなり、積極的に行動できるようになりました。

 30歳を過ぎた今でも、大人ニキビと戦っていますが、以前と比べると随分と楽になりました。

10代や20代前半の思春期ニキビのようにずっと居座っているわけではなく、環境や生活習慣、ホルモンの関係でニキビが出来ます。

ツルツルのお肌になったかと思えば、環境の変化でまたポツポツということも。

でも、若い時にニキビに悩んだおかげで、今はすっかり肝も据わっています。

「今はポツポツしてるけど、またすぐに落ち着くさ」と気楽に構えれるようになりました。

 ニキビがない方がお肌が美しく見えますが、あっても別に一大事にはならない。

ときには陶器肌の人をみて羨ましくなることもありますが、持って生まれた自分の肌、気まぐれな肌でも大事につきあって行こうと思います。

https://onayami.online/kurozumi.html

美容皮膚科で赤ら顔のレーザー照射による治療